セラピストの求人を見る時に抑えるポイント

リラクゼーションサロンがあふれかえっている状況にある現代。数多くの求人広告が掲載されていて、未経験の方なんかは特にどこを押さえておけばいいのか分からなくなってしまうと思います。リラクゼーション業界で大手の企業もたくさん求人広告を出していますが、大手だから安心でしょ、というわけでもありません。求人広告に応募する前に見ておきたいポイントをご紹介します。

 

立地・アクセスの良い店舗か

完全歩合制で働くセラピストにとって、稼ぎたいと思うなら集客率は一番重要視すべき点です。とにかく、立地が良くないと始まりません。理想なのは、都心にある・駅から徒歩5分以内・人の多い通りにあるの3つが揃っている事でしょうか。集客が良くても、固定客ばかりだと指名するセラピストを決めてしまっているお客さんばかりな場合があり、新しく入った人に施術がなかなか回ってこないという事もあります。とにかく人の多い場所にある店舗は、固定客に加えて、何となくふらっと入ってみた、というお客さんがかなり多いので新人にも施術のチャンスが回ってきやすいです。

 

 

研修が充実しているか

 

どの店舗も事前研修会などは必ずと言っていいほど行っていますが、その期間や内容は違ってきます。例えば未経験の方が一週間程度で基本的な技術を詰め込まれたらパンクしてしまいますよね。数週間研修があればゆっくり学べて良いのではないでしょうか。研修の流れなどが簡単に説明してあるところだと、安心できます。また、店舗によっては事前研修だけでなく、実際に店舗デビューした後も定期的に研修会などを行ってくれる所もあります。

 

余計な費用はかからないか

 

例えば研修などで使う道具、教材は実費で負担してください。なんて店舗もたまにあります。はたまた研修費も自己負担ですなんてところも……。働き始めてからも、制服は実費で購入というパターンもあります。後から請求されてびっくりなんてことの内容に、自己負担金がないかどうかしっかりと見ておきましょう。事前に質問してみるのもいいかもしれません。

 

固定給か、歩合制か

 

ほとんどが業務委託契約の完全歩合制での雇用になりますが、大手の企業だと正社員として募集をかけているところもあります。正社員の場合固定給で働くことが出来るので、セラピストの最大の悩みである収入の不安定さが解消されます。ただ、正社員の場合店舗の店長を募集していることが多く、その場合他のサロンでのセラピスト経験が必須になっている事が多いです。