セラピストデビューへの道

ショッピングモールや街で『Re.Ra.Ku』や『Raffine』といったお店を見かけたことがある方、いらっしゃると思います。Re.Ra.KuやRaffineはリラクゼーションサロンの有名チェーン店です。この二店舗だけでなく、街の看板や広告で『もみほぐし』『アロママッサージ』などの文字を見たことはありませんか?それらもリラクゼーションサロンの広告です。そんな多種多様なリラクゼーションサロンで働いているのが、リラクゼーションセラピストです。
リラクゼーションマッサージが広く民間に普及し、今や都内にはコンビニと同じかそれ以上の数のリラクゼーションサロンが密集しているとも言われています。どんどん業界は成長している為正直人手が足りないのが現状のようで、数多くのセラピスト求人募集が出ています。つまり、セラピストに興味があり、リラクゼーション業界に飛び込みたいと考えている方にとっては絶好のチャンスなんです。

 

そもそも、リラクゼーションセラピストって?

 

リラクゼーションセラピストは名前の通り、リラクゼーションを提供する施術者のことです。働くサロンによって施術方法は異なってきますが、基本的には自身の手指を使い、お客様の身体を揉んで筋肉の緊張をほぐすのがセラピストの仕事です。そこに、アロマオイルを用いて香りのリラクゼーション効果を加えたり、リンパの流れを促して痩身効果を加えたり……。様々な手法が存在しますが、一貫して同じなのが「お客様を癒す」為の施術をするということです。

 

どうやったらなれる?

 

国家資格の必要なマッサージ師とは違い、リラクゼーションセラピストは必要な資格がありません。そのため、現在働かれているほとんどのセラピストさんが未経験からスタートされているんです。なのでこのサイトのタイトルにもしていますが、リラクゼーションセラピストは全くの未経験でも業界に飛び込むことができます。

 

技術がないのに本当になれる?

 

現在働いている方たちだって、ほとんどの方は何も知らない未経験の状態からスタートされています!どうして技術職であるセラピストになるのに、なんの事前知識も技術も必要ないかというと、ほとんどの店舗が未経験者向けの研修を行ってくれるからなんです。採用されて、じゃあ明日からお客さんの施術お願いね。なんてことはセラピスト経験者以外の方は絶対にありません。なにも知らない素人にお客さんの施術を任せるなんて、お店自体の信用に関わりますよね。なので最初に基礎的な技術が身につくよう、しっかりと研修を行ってくれます。

 

どんなところで働くべき?

 

セラピストは完全歩合制になります。そのため、一日の施術数が少ないと命取りになってしまいます。とにかく、集客が見込めそうな店舗を選択してください。都内にはリラクゼーションサロンがたくさんあります。特に都心は観光客や会社員の方がよくリラクゼーションサロンを利用されるので、確実に集客が見込めるのでお勧めです。池袋新宿は特にリラクゼーションサロンの数も多いので注目してほしいです。

⇒新宿リラクゼーションセラピスト(マッサージ)の求人情報

 

そしてリラクゼーションサロンには指名制度があります。指名には別途料金がかかる場合が多く、その何割かが指名されたセラピストに入ってくる店舗も多いです。未経験から始める場合、この指名がなかなかつかなくて苦労すると思います。そのため、オープニングスタッフを募集している店舗や、オープンしてまだ日が浅い店舗なら、まだ指名を集めているセラピストがいません。そのためお客さんも「人気があるならこの人にお願いするわ」とはならないです。指名なし・おまかせでその店舗に初入店したお客様を施術し、気に入ってもらうことが出来れば次回からもう指名してくれることもあります。

 

別の記事で未経験の方の不安や疑問が解消されるように、セラピストの基本的なことをまとめています。参考にして頂けると嬉しいです。